2017年05月17日

あかちゃんの睡眠周期


fab599c91bdf5e63dd12a5c3aa751783_s.jpg

皆さんこんにちは

大人の睡眠で深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を皆さんご存知でしょうか

この前わが子を寝かしつけているときに『眠った』と思って、布団に置いたとたんに起きてしまって、その後泣いて泣いてのお手上げ状態になってしまいました

そこで赤ちゃんもノンレム睡眠と言うものがあるのかもしれないと思い、ミルクを飲ませた後にずっと抱いて観察をしてみることにしました

最初は眠そうに目を開けたり閉じたりして、呼吸は荒く、手足はごそごそしている状態だったのですが、20分くらいすると呼吸が静かになり、手足もだらんと力が抜けている状態になり、その時に布団に置くと起きずにそのまま寝てくれました

その後も同じようにやってみるとかなりの確率で寝てくれるようになりまして、赤ちゃんのノンレム睡眠を見つけれたのかと思います

さらに睡眠について詳しく知りたかったのでいろいろと調べてみました

大人の場合は深い眠りのノンレム睡眠から始まり、個人差はありますが30分ぐらいで一番深い睡眠になるそうです

その後、浅い眠りのレム睡眠に移行していき60分ほどで一番浅い状態になり、このときに起きると目覚めが良いとされていて、よく聞く90分の倍数で睡眠時間を取ると良いというのはこういうことみたいです

ノンレム睡眠の時は脳が休んでいて体が少し緊張している状態、レム睡眠の時は脳が動いて体が休んでいる状態のようです

そして問題の赤ちゃんなのですが、赤ちゃんの場合は大人の半分の周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すらしく、だいたい40~50分の周期だそうです

赤ちゃんは大人と違ってレム睡眠から始まり、徐々にノンレム睡眠に移行するのですが、眠りだしてから20~30分くらいで一番深い眠りになるそうなのでここで布団に置いてあげるのがベストのようです

それから再び浅い眠りのレム睡眠に移行していき、少しの物音やオムツの不快感、空腹などに敏感に反応して起きてしまいます

赤ちゃんがぐずりだすのはこのレム睡眠に入っているということになるわけです

また、赤ちゃんは全体的に大人よりも睡眠が浅い傾向にあります

一見ぐっすり寝てくれているほうが、良いのかなと思ってしまうのですが、赤ちゃんのレム睡眠には大事な意味がありまして、起きている間に見たものや聞いたもの、感じたものなどをレム睡眠の時に整理したり記憶したりするので、脳が成長している時間と言われています

浅い睡眠にもしっかりと意味があるのですね

赤ちゃんが寝てもすぐに起きてしまうこともありますが、しっかり成長している証なので暖かく見守っていきたいと思います


ブログ更新の励みになっています
良かったら応援よろしくお願いします(*^_^*)
🔻
posted by とろサーモン at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449949778

この記事へのトラックバック